マチのブログ

ブンブブーン。ハローはてなブログ。どうも、ヒカキンです。

【将棋 初心者 おススメ】 「1手詰ハンドブック」 感想

f:id:Aoi12:20180308161727j:plain

1手詰ハンドブック

この記事では「1手詰めハンドブック」を読んだ感想を書きました。

みなさん、詰め将棋ってやったことあります?

「あるわけねーだろ!!」

はい、もちろんそんな意見もあると思います。

ですが、ご安心を。

この「1手詰めハンドブック」。

初心者でも考えたら絶対解ける。

だって1手詰めだからね。

1.駒の動かし方も載っている。

そう、あんまりね詰め将棋に駒の動かし方って載ってないんですよ。

ルール程度は知ってるっていう人が、手に取るからかな?

だけどこの本載っているんだよ。

しかもめっちゃシンプルに載っている。

ルールの説明が最低限なんだよね。

やっぱり初心者の人は、シンプルに説明された方が分かりやすくて良いよね。

最低限なんだけど、めちゃくちゃ分かりやすい。

2.解説も丁寧。

1手詰めなのにここまで解説する?っていうぐらい解説してくる。

もう分かるよ、そんなこと。って思う人もいると思う。

けど初心者の方にとっては丁寧に解説してくれた方が、ありがたいよね。

ちなみに解説があるのは、最初の80問だけで、後半の220問は答えと1文の解説のみなので、そんなに煩わしくは無かったかなぁ。

3.こんな問題があるよ。

1問

f:id:Aoi12:20180308180901j:plain

 

2問

f:id:Aoi12:20180308180919j:plain

 

3問

f:id:Aoi12:20180308180935j:plain

分かりました?

答え 1問 3一銀不成まで

   2問 2四竜まで

   3問 3三飛成まで

まとめ

個人的に思っているんですが、詰め将棋は野球でいう素振りみたいな物だと思うんですよね。

打たなきゃ勝てない様に、詰めなきゃ勝てない。

この本、中級者の人が読んでも良いんですが、初心者の人におすすめですね。

中級者の方は3手詰ハンドブックとか5手詰ハンドブックの方が良いかな、と思います。

この記事で詰め将棋の楽しさ、そして将棋の楽しさが少しでも伝われば嬉しいです。

終わり。